2012年10月26日

四種混合の供給について

昨晩は川崎医科大学の中野貴司教授のポリオワクチンの講演会でした。
不活化ポリオワクチンや生ポリオワクチンの開発の話や1960年ごろの日本でのポリオの大流行やソ連からの生ワクチンの緊急輸入の話など興味深い話を聞かせていただきました。
その中で四種混合の供給の話がありましたが、当分は予測される必要量プラス多少の余裕分しか供給できず、分配によっては一時的に足りなくなることがあるかもしれないとのことでした。
ただ、その場合でも従来の三種混合と単独不活化ポリオワクチンを代わりに接種できるとのお話でした。
これまで三種混合プラス単独不活化ポリオを接種しているお子さんには引き続き同じワクチンの接種が推奨されていました。
また、不活化ポリオワクチンをフランスでは7回、カナダでは5回接種しており、将来的には日本でも5回目以後の接種を検討しないといけないとのことでした。
posted by ohisama-kids at 19:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ