2012年09月21日

RSウイルスが流行中

台風一過、朝夕ずいぶん涼しくなりました。冷房もいらなくなりましたし、今朝は窓を開けるとちょっと寒いぐらいでした。

気温が下がったためかRSウイルス(RSV)が流行しているそうです。
最近まで一般にはあまり聞かれなかったウイルスですが、乳幼児がかかると喘息のようにゼイゼイいったり粘り気が多い鼻水がたくさん出て鼻で息ができなくなります。急性細気管支炎といって呼吸が苦しくなってしまうこともあります。

年長児や大人がかかってもちょっと症状の強い風邪ぐらいで済みますが、未熟児や新生児がかかったり心臓病のあるこどもがかかると短時間の間に重症になって入院が必要になることもあります。乳幼児突然死症候群の原因の一つとも言われています。

残念なことに特効薬はなく症状に合わせて痰きりのお薬、咳鼻水のお薬や喘息のお薬を使います。

未熟児や心臓病のある子供には「シナジズ」という予防薬を1か月に1回太ももに注射して流行に備えます。

鼻水でRSウイルスの検査ができますが、ゼロ歳児にしか保険がききません。
ゼロ歳児のいるお兄ちゃんお姉ちゃんや家族のどうしてもという希望があるときにはやむを得ず年長児に検査することもありますが…。
posted by ohisama-kids at 12:20| Comment(0) | こどもの情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ